脱毛はちょっと面倒。そんな人におすすめの熱処理式の除毛機!

お肌をツルツルにするのなら脱毛が最適。ただ、脱毛はちょっと面倒という人もいることでしょう。もっと簡単にお手入れをしたい、そんな時には熱処理式の除毛機を使ってみるのも良いかもしれません。自宅でさっと使用することができ、簡単にムダ毛対策を行えます。

ここでは具体的に、どのようなメリットがあるアイテムなのか解説をしてみましょう。一方で知っておきたいデメリットもお伝えします。

脱毛は意外と面倒

金輪際ムダ毛に悩まされたくないのなら、思い切って脱毛を行うのも良いかもしれません。特にプロの施術ならつるつるが持続しますので、今後のことを考えたらアリの選択肢と言えます。しかしながら実際に脱毛をするのは大変な面もあります。

一度で済むものではなく、長い場合ですと2年以上もの時間を掛けなければいけません。途中で嫌になって止めてしまったという人もいるほどで、時間や手間が掛かることを考えると、なかなか決断をしにくいところですよね。

脱毛を行う際には費用の面もネックになり得ます。脇脱毛などの、部分的な施術なら格安で利用できるところも増えていますので負担は少ないのですが、全身をやろうと思ったらそれなりのコストが圧し掛かります。ざっと20~30万円程度も掛かることがあり、金銭的な負担を考慮すると益々二の足を踏んでしまうところです。

しかも脱毛をしたとしても、一生生えないとも限らないため、将来的にまた費用が掛かってしまう可能性もあるのです。

熱処理ができる除毛機って?

もっとお手軽にムダ毛をどうにかしたい、そんな時には熱処理ができる除毛機が良いかもしれません。これはサーミコン式とも言われるムダ毛対策家電で、自宅で気軽に使えるのが魅力のアイテムです。特徴は、熱線によってムダ毛を処理することであり、焼き切ることによってつるつる肌を目指します。

ムダ毛に悩める女性たちからも注目されていますが、どのようなメリットがあるのか見てみましょう。

即効性がある!

メリットは何と言っても即効性があることです。熱線によってダイレクトにムダ毛を焼き切ることができるため、肌に滑らせたところから即つるつるにすることができます。今すぐにムダ毛をなくしたいという時に打ってつけですし、使い方も簡単ですので気軽に活用できますよ。

下準備なども特に不要ですので、テレビを観ながらなどでもさっとお手入れができるのは嬉しいところですよね。

ちくちくしない!

さっとお手入れができる方法と言えば、シェーバーも同じくお手軽なムダ毛の処理法。似たような効果ならシェーバーで十分、と考えてしまう人もいるかもしれません。しかし熱処理式の場合のメリットとして、ちくちくすることがないという良さがあるのです。

シェーバーを用いた場合ですと、毛先が鋭利な状態になってしまうため、肌が触れるなどするとちくちくとした不快感が生まれてしまうのですが、熱線で焼き切る場合はそれがありません。毛の断面が丸くカットされた状態のため、肌が触れ合っても刺激を感じることがないのです。

自分自身が快適なのはもちろんのこと、恋人などと腕を組む時にも、相手にちくちくとした不快感を与えずに済みますので、ムダ毛の存在を気にされる心配もないですよ。

肌への負担の心配がない!

シェーバーなどを使ってムダ毛の処理をする場合、肌を傷めてしまうリスクがありますよね。肉眼では確認できないものの、肌の角質を削っている状態ですので肌荒れの原因になることがあります。繰り返し行うと、どんどん肌への負担となり肌質を悪化させてしまう心配も出てきます。

その点、熱処理式でのお手入れなら、肌への負担が殆どないのです。シェーバーのように物理的に肌に負担を掛けるものではありませんので、肌表面の角質を削ることがないです。また、熱が発せられるといっても熱さを感じるほどのものではないため、安全快適にお手入れを行うことができますよ。

デリケートな肌質の人でも安心で、これまでシェーバーなどでのお手入れによって、肌トラブルを起こした経験がある人にもおすすめのアイテムと言えるでしょう。

デメリットはニオイの問題

一方でデメリットもあるのですが、ひとつは焦げ臭いニオイが発生すること。ムダ毛を焼き切るという特性上、あぶったような独特のニオイが発生します。あまり気にならないという人がいる一方では、苦手なニオイで具合が悪くなってしまったという人もいるようです。

人によって意見が割れるところですので個々で判断をするしかありませんが、ニオイが気になる場合は換気を良くするなどの対策をした方が良いでしょう。

使い方を誤ると危険もある

使用上の注意点を守りながら使う分には、安全に使用できる除毛機です。しかしながら誤った使い方をするとヤケドをしてしまうのもデメリットと言えます。例えば、強く肌に押し付けたり、一ヶ所に長く当て続けたりするのは注意が必要。

熱線が皮膚に触れてしまうとケガをしてしまいますので、使用する際にはきちんと説明書きを読んでから用いるようにしましょうね。

使用箇所が限定的

熱処理式の除毛機の場合は、どの部位にでも使用できるわけではないのもマイナス点でしょう。脇やVIOなどの、カーブがきつかったり複雑な形状をしていたりするところですと、ヘッドが上手くマッチせず処理ができません。

その上、ヤケドのリスクも高まるため、使用することが難しいのです。使用できる場所が限られてしまいますので、全身のお手入れに使うことができず、出番が限定的になってしまうのはひとつのネックになり得ます。

熱線に上手く触れないと処理できない

ヘッドから発せられる熱線に、ムダ毛を触れさせて処理するという仕組み上、熱線に上手くムダ毛が当たってくれなければいけません。長かったり短かったり、あるいは倒れていたりする毛には効果が発揮されないのです。効果を出すための条件を揃えた状態で使用しなければならないため、そこに少し煩わしさを感じてしまうかもしれませんね。

脱毛にはならない

いくら使い続けようとも、脱毛をすることはできないのもデメリット。あくまでも肌表面に出ているムダ毛を処理するものであって、毛穴の中からムダ毛をなくす類のものではありません。したがってずっと使い続けることが前提であり、次第に面倒になってしまうことも考えられます。

とは言え、一時的にでも簡単に処理ができれば良いという人もいるかと思われますので、ムダ毛処理のひとつの方法として、選択肢に持ってみるのも良いかもしれませんね。

Top